初心者おすすめコーヒー道具記事はこちら

【合格率〇%】難しいGoogleアドセンス審査の秘策!有用性の低いコンテンツ突破法とは

【合格率4%?】Googleアドセンス審査対策!有用性の低いコンテンツを克服方法
この記事でわかること
  • 合格率は低い!落ちても気にしない!
  • Googleアドセンスの審査に合格するやるべきこと
  • やらなくて良いGoogleアドセンス対策

2023年に当ブログ(2023年12月合格)と某ホームページの2サイトで合格することができました。

どちらも「有用性の低いコンテンツ」という理由から不合格が続いてましたが何とかなりました…。

2回合格を経験してわかってきた合格方法があるので紹介していきます。

【こちらで毎月収益額を載せてます】

【PR】

目次

Googleアドセンスの合格率は低い!難易度は上がり続けている

最近は今までより難しく、過去に合格していたサイトが再び審査を受けると不合格が続くという声があります。

実際、私が関わった某ホームページも過去に合格していましたが、審査を受けなおしたら不合格が3回続きましたが、その後合格してます

審査不合格の理由は毎回「有用性の低いコンテンツ」でした。

価値が無いホームページだと言われているようで不合格の度に悲しい気分になりますよね。

でも、何度か受けていたら合格する時がいつか来るのがアドセンス審査です。

アドセンスの合格率は4%

Googleアドセンスの審査は厳しくて合格率は4%と言われています。

しかし、この情報は2017年のことで公式発表ではなく、イギリス圏Googleのフォーラムにてトップコントリビューターが96%が落ちると語ったのみです。

2023~2024年現在はさらに厳しくなったという声があるので、実際にはさらに低い数値になってる可能性があります。

費用無しで何度も受けられるのがアドセンス審査ですので、しらみつぶしに受けてる方も多くいるので、合格率4%は低いとは言えません。

たなか

当ブログは10記事ができてから審査を受け続けて10回近く落ちましたが、なんとか合格率できました。

Googleアドセンス審査に合格するためにやっておくべき対策、コツ

審査に合格するためにやっておいた方が良いことをリストにしてみました。

全てやっても「有用性の低いコンテンツ」で審査に落ちる場合は、ブログ記事を何度もリライトして記事数を増やしてPV数を増やしてみてください。

やっておくべきこと
  • 独自ドメインを使う
  • プライバシーポリシーページ設置
  • プロフィールページ設置
  • お問い合わせページ設置
  • カテゴリーページの編集をするかインデックスさせない
  • グローバルメニューは見やすくする
  • サイトのPV数が増え成長していること
  • 投稿記事はできるだけ増やしていく
  • 投稿記事は検索上位になるよう質を高めておく
  • 普通の日記は書かない
  • 合格が難しいジャンルは避ける

それぞれを解説していきます。

独自ドメインを使う

Googleアドセンスのヘルプにも書かれてますが、独自ドメインで申請することが基本です。

独自ドメインは自分オリジナルのドメインのことで、アメブロのように「https://ameblo.jp/」とあるドメインではアドセンスに合格できません。

私は「tanakacoffeelab.com」で登録しました。

プライバシーポリシー、プロフィール、お問い合わせページ、サイトマップの設置

どこのブログでも書かれてますが必須ページですね。

プライバシーポリシーはアドセンス合格後にページの登録が必要なので必ず作っておきましょう。

プロフィールはサイトの信用性を上げるのに重要で、できる限り投稿してる内容に精通していることを伝えると良いです。

お問い合わせフォームはコンタクトが取れたら何でも良くて電話番号を載せてるだけのホームページが10月に合格したこともあります。

ちなみに当ブログはワードプレスを使っており、「WPForms Lite」というプラグインを使ってお問い合わせフォームを作成しました。

サイトマップは「WP Sitemap Page」を利用しています。

カテゴリーページは編集するかインデックスさせない

カテゴリーページをGoogle検索に表示させているのであれば、しっかり編集をしておきましょう。

しっかりとしたタイトル文やアイキャッチ画像は載せた方が良いです。

それか、編集をせずにインデックスさせないようにするのも一つの手です。

たなか

僕のブログのカテゴリーページのように記事を載せてるだけならインデックスさせないで良いと思います。

グローバルメニューを見やすくする

グローバルメニューとは、当ブログで言うとスマホで見た時は右上にある3本線マークにあるメニュー、PCで見ると上側に並んでいるカテゴリーや問い合わせボタンのことです。

アドセンス審査をする時はメニューを以下の並びにするのをおすすめします。

  • カテゴリー1
  • カテゴリー2
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
たなか

合格後は自由に変えて良いです!
もし変えるなら、プロフィール、お問い合わせ、プライバシーポリシーのリンクはフッターに載せるのをおすすめします。

サイトのPV数が増え続けて成長していること

「アクセス数が多ければGoogleアドセンスの審査は通る」というのを見かけますが1日200PV近くある私が手がけるホームページが3回以上合格できてなかったです。

この数年で何度か審査に合格しましたが、合格したサイトはどれもPV数が増えた時に合格しています。

Googleアドセンス審査に合格するためにやっておくべき対策、コツ
たなかコーヒーLab表示回数 6月1日〜12月22日

当ブログは12月末で合格しましたが、やはりPV数の急上昇が決め手だったのではないでしょうか。

投稿記事はできるだけ増やしていく

意見が分かれやすいのですが、記事数は20本、50本と増やし続けた方が良いです。

8~10記事で審査を受ける事を提唱してる方もいると思いますが、それはPV数を稼ぐ方法を熟知してる人にしかできないでしょう。

たなか

記事数を増やした方が良いですが、記事の質を高めるのも必須です!

投稿記事は検索上位になるよう質を高めておく

記事数は増やした方が良いのですが、しっかりリライトして記事の全てが見てもらえるようにしましょう。

記事を書いたりリライトで気にするべき点を以下にまとめました。

記事の質を上げる方法
  • タイトルタグはキーワードプランナーやGoogleトレンド、を見て検索される文章を入れる
  • 1記事に画像、アイキャッチ画像を合わせて2、3枚用意して代替テキストは必ず入れる
  • 文字数は1500以上、できれば2000以上
  • 見出しH2、H3などの使い分けをしっかりする
  • 他の人があまり書いてないタイトルで書く

他にもやるべき事はいくつかありますが、とりあえず上記の内容はした方が良いです。

ちなみに、文字数1500以下の記事がいくつかあっても合格は可能です。

合格した某ホームページは文字数の少ない固定ページが10ページほどありましたが合格できてます。

普通の日記は書かない

「今日は何をした」みたいな日記ブログは人の関心を集めるのが難しいです。

それでもPV数を増やして有用性があると見込んでもらえるのは芸能人みたいな肩書きのある方のブログです。

一般の方でも有用性があると思ってもらえる記事は人の探したい情報を伝える内容が良いでしょう。

「今日は何をした」という記事でも、レビューを書いたりおばあちゃんの知恵袋のような情報を提供するとPV数が上がり評価されます。

合格が難しいジャンルは避ける

よく言われるYMYLやアダルトコンテンツ、犯罪に関わりそうな記事は避けた方が良いです。

Googleアドセンスの広告は様々な企業が利用していますので、企業にとって思わしくない内容の記事は投稿しないようにしましょう。

ちなみに、YMYLというのは人の人生や金、健康に影響する内容のことです。

YMYLの記事は書いたとしても病院や金融機関の投稿記事には勝てないので何にしてもやめておくべきです。

カテゴリーやタグは増やしすぎない

Googleアドセンスの審査時は各固定ページを全て表示してる痕跡がGoogleアナリティクスに残ってたりします。

カテゴリページも見られていますので、記事数が少ないと有用性が無いと認識されてしまいます。

私の場合コーヒーページを「焙煎」「淹れ方」「カフェ」で分けていましたが一まとめにして合格できました。

ちなみにサブカテゴリーとして当ブログは「インスタグラム」がありますが、そちらは2記事のみで合格できました。

カテゴリー数は1〜3におさえて1カテゴリーに2記事以上あれば、とりあえず大丈夫でしょう。

Google Search Consoleのページエクスペリエンスを全て良好にしておく

Googleアドセンス審査に合格するためにやっておくべき対策、コツ

Google Search Consoleにあるページエクスペリエンスタグを開くとモバイルやPCの表示で問題があるページを教えてくれます。

ページがSSL化してHTTPSにできてるかも確認してもらえて、全て問題がなければ「良好」と表示されます。

ユーザーに見やすいサイトになってるかは重要な要素なので、必ず全て良好な状態にしておきましょう。

【追記】トレンド記事を投稿するとアドセンス審査は合格しやすい!

トレンド記事というのはインターネット上で話題に上がってる内容が書かれた記事の事です。

例えば、2024年3月7日だと「ヒスイの石仮面がマヤの王墓で発見」という話題があるので、その関連した記事を投稿は読まれやすい状態にあります。

たなか

どの投稿ジャンルにも狙える新情報はあります。

トレンド記事を書くデメリット

トレンド記事は話題になってる間はPV数を稼ぎやすいですが、数日後や何か月後にはPV数が極端に減ります。

でも、内容によっては後にPV数を荒稼ぎすることもあるので置いておいた方が良い場合があります。

先ほどの「ヒスイの石仮面がマヤの王墓で発見」という例だと、後に映画や漫画で出てくる可能性があったりで再び話題になる日が来るかもしれません。

【追記】放置ホームページがアドセンス審査で合格!(申請日2024年4月16日 合格日2024年5月6日)

google アナリティクスで「表示回数が急上昇」と表示されたら合格しやすい

過去に3回アドセンスの審査に落ちた会社の放置ホームページが合格しました!

あるニュースのおかげで数日だけPV数が急激に増えて、その日に申請しただけです。

たなか

PV数の急増をGoogleは評価してくれてますね。

やらなくて良いGoogleアドセンスの対策とは

いろいろなブログで審査の対策方法が書かれていて「必要ないのでは?」と思った事を紹介します。

やらなくて良いGoogleアドセンスの審査対策
  • アフィリエイトリンクを消す
  • PV数を一定以上にする
  • 特化ブログにする

アフィリエイトリンクを消す←消さなくていい

Amazonアソシエイトや楽天、A8、もしもアフィリエイトなどはブログの見やすさに問題がなければ大量に設置して大丈夫です。

私のサイトを見ればわかりますが、特にAmazonや楽天のリンクは結構貼ってますが問題無かったです。

もちろん、Googleアドセンスのポリシーに違反するアダルトコンテンツのようなリンクは貼ってはいけないです。

PV数を一定以上にする←PV数が増える成長をGoogleはみたいだけかも

PV数は少ない方でも合格できています。

大切なのはブログが成長を続けていることだと僕は思っており、毎月PV数が増えていく努力をしていれば審査は通ります。

トレンド記事で、その日だけPV数を増やすのも有効です。

特化ブログにする←当ブログは雑記だけど合格

当ブログはコーヒーがメインテーマですが、見ての通り雑記寄りです。

それでも合格は可能でした。

Googleアドセンスの審査期間

アドセンスの審査期間は人それぞれ違ってきます。

当サイトが合格した時は審査2日目で合格となりました。

僕が担当する法人サイトの場合だと、2週間後に合格となったこともあります。

合格は数日で通知が来る場合が多いようですが、2週間経っても合格はあり得ます。

まとめ

この記事のまとめ
  • アドセンスに合格するには固定ページを整えてポリシー違反を無くすことだが、それでも合格しないなら記事の質と数に問題がある可能性が高い
  • 記事数は合格するまで増やしていき、リライトも繰り返しする
  • アフィリエイトリンクがあっても合格するし、PV数が一定数必要なわけでもなく、特化ブログに必ずしもする必要はない

Googleアドセンスは諦めなければ、いつか合格できます。

早くから合格できてる人は、その道のプロだったり企業が多いイメージがあります。

SEOでも優遇されますからね。

そんな人たちが簡単に合格して、自分がなかなか合格できなくても落ち込む必要はないです。

審査員には厳しい人、甘い人もいるという噂もあったりしますからね。

アドセンスに合格した時のことは下の記事でも書いてますので、よければご覧ください。

Amazon・楽天で買えるおすすめコーヒー豆【PR】

ロクメイコーヒー:コーヒー焙煎技術2018年日本チャンピオンの最高のコーヒー豆!

Amazon 楽天

丸山珈琲:香りが最高な味わい深いスペシャルティコーヒーが買える!

Amazon 楽天

マタタビ珈琲豆店:スペシャルティコーヒー専門店のこだわり自家焙煎!

楽天

【合格率4%?】Googleアドセンス審査対策!有用性の低いコンテンツを克服方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次