初心者おすすめコーヒー道具記事はこちら

インスタ撮影はジンバルカメラ・アクションカメラがおすすめな理由【ランキング紹介】

インスタ撮影はジンバルカメラ・アクションカメラがおすすめな理由【ランキング紹介】
この記事でわかること
  • アクションカメラ・ジンバルカメラが良い理由
  • 他のカメラでも工夫次第で十分通用する
  • アクションカメラ・ジンバルカメラのおすすめランキング
  • 日本製アクションカメラ・ジンバルカメラはあるのか

インスタで企業アカウントを担当させてもらってる、たなかです!

週1で投稿させていただいて3年で約2万フォロワーとなりました。

フォロワーを増やせたのは主にリール動画がバズってるおかげです。

今回はリール動画撮影でおすすめなジンバルカメラ・アクションカメラについて紹介ます。

たなか

最近のVLOG系YouTuberや芸能人がテレビで持たされるカメラってDJIのジンバルカメラがやたら多いです。
それだけ高画質に撮りやすいということになります!

【PR】

目次

アクションカメラ・ジンバルカメラをおすすめする理由

インスタ撮影はジンバルカメラ・アクションカメラがおすすめな理由【ランキング紹介】

アクションカメラやジンバルカメラは手ぶれ防止に特化したカメラです。

多くの方のリール動画を見ていてよく思うのですが、手ぶれを減らしたらもっと再生数はもっと伸びるはずです。

映像が揺れていると見てるだけで不快に思ってしまうので、できる限り手ぶれは改善した方が良いでしょう。

手ぶれを抑えるだけで動画の質が上がるという方は多いので、そういった方にはアクションカメラやジンバルカメラをおすすめします。

手ぶれを抑える効果が最高レベルだからアクションカメラやジンバルカメラは使いやすい

ジンバルカメラやアクションカメラは、手ぶれ抑制を第一に作られたいてランニング中だとしても滑らかな撮影を可能にしています。

ランニング中でなくても手ぶれを気にせずにカメラワークができるので様々なシーンで使えるのが良いですね。

たなか

山登りでジンバルカメラを使ってましたが手ぶれがほとんどない映像が撮れました。

基本的に小型なので持ち運びが便利

重さはスマホと変わりないか軽い場合が多いです。

物によって違いはありますが100~200gほどの重さです。

たなか

最近のスマホは重く大きくなる一方で230gの機種もあります。
iPhone miniは個人的に好きだったのに、もう新型は生産しないのだとか…。

他のカメラでも手ぶれを防ぐ方法はある

アクションカメラやジンバルカメラじゃなくても手ぶれを抑える手段はあります。

通常の一眼カメラやビデオカメラを持ってる場合は以下のことを試してみるのも良いでしょう。

三脚でカメラを固定して撮影する

僕がインスタに投稿するコーヒー動画がそうですが、三脚でカメラは固定にした方が見栄えが良い場合もあります。

三脚は費用がそれほどかからないし、必要なテクニックを減らせるので便利です。

たなか

三脚撮影した動画に動きを作りたい場合は編集で動きを作るのも一つの手です。

カメラに強力な手振れ補正があれば撮影技術でカバーできる

「手ブレ補正機構」と「5軸手ブレ補正」が備わったカメラであれば、揺れが起きないように脇を締めて撮影すれば高質な動画を撮ることができます。

一眼カメラとなれば映像を取り込むセンサーサイズが大きいのでアクションカメラより高画質を狙えます。

たなか

そういう超万能なカメラというのはお値段の桁も跳ね上がります…。
プロ級の映像美を目指すなら良いですけどね。

ジンバルをカメラに装着する

ジンバルを後付けでカメラに装着することも手ぶれ補正になります。

ジンバルカメラと同レベルの手ぶれ補正をスマホや一眼カメラで期待できるのが利点です。

しかし、一眼カメラ用となると重さが数キログラムあって大きいので旅行で使うには難しいでしょう。

たなか

ジンバルはプロの世界ですね(笑)
でも、スマホ用なら大きすぎず使いやすいので一般の方でもおすすめですよ!

アクションカメラとジンバルカメラの違いは何?

ジンバルカメラとアクションカメラの2種類があり、どちらも手ぶれ補正が強いという特徴があります。

しかし、使い方によって向き不向きがありますので自分に合った方を買いましょう。

アクションカメラの特徴

インスタ撮影はジンバルカメラ・アクションカメラがおすすめな理由【ランキング紹介】

アクションカメラは四角い小型なカメラが多く、自転車やバイクにつけたり、ヘルメットや胸に装着して使うことに特化しています。

撮影者自身が手でカメラを持ちたくない場合におすすめです。

デメリットは何かに装着すると、その一方しか撮影できないことで工夫が必要となります。

たなか

両手を自由に使いたい時に大活躍!

ジンバルカメラの特徴

インスタ撮影はジンバルカメラ・アクションカメラがおすすめな理由【ランキング紹介】

ジンバルカメラは揺れに合わせて首が動いて手ぶれを抑制してくれます。

アクションカメラよりも手ぶれを抑える効果は強いです。

ただし、撮影時はアクションカメラと違い、手で持つ必要があります。

たなか

ジンバルは最上級の揺れ対策になります!
手持ちで撮るならこちらが良いでしょう。

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)おすすめランキング

アクションカメラのおすすめランキングを5位まで紹介します!

5位:HERO10(GoPro)

最新のHERO12がありますが、こちらは2021年発売のHERO10です。

10~12の間は正直、そこまで大きな性能の差を初心者には感じ取れないのでコスパ重視なら買いです。

とはいえ、12はHDR撮影や画質の向上があるので性能がベストとは言えないです。

たなか

HERO10はHERO12より2万円近く安いのが魅力!

4位:Insta360 X3(Insta360)

Insta360 X3は一世代前の機種で最新はX4です。

Insta360は他のカメラには無い360度撮影ができるので、後から画角を選んで使うということができます。

X3はX4みたいな8K撮影はできませんが、4Kやそれ以下でも満足できるならこちらの方がコスパが良いのでおすすめです。

たなか

X4は8K撮影ができて超高画質ですが、インスタやYouTubeに載せることが前提であれば4Kやそれ以下で十分だと思います。

3位:ACTION 4(DJI)

ドローンも製作しているDJIのアクションカメラで、ドローンの揺れに対応する手ぶれ補正は優秀です。

防水や価格面では、前から有名なGoProのHEROシリーズに勝ってます。

GoProのアクセサリーに互換性があるので、コスパで選びたい場合はこちらも良いでしょう。

たなか

性能に問題はなく、値段がGoProより安いのが魅力!

2位:Insta360 GO 3S(Insta360)

Insta360 GO 3S専用のアクセサリーは縦撮影、横撮影の変換が簡単にできるのでショート動画の撮影がしやすいです。

手ぶれは抑えられて、画質は問題なく、広角な撮影でも魚眼っぽい歪みが少なかったりで万能だったりします。

カメラ本体は親指サイズで結構小さめなので服に装着しても違和感は少ないです。

たなか

そこそこ前はアクションカメラと言えばGoProでしたが今はInsta360やDJIのカメラも良いですね。

1位:HERO12(GoPro)

アクションカメラの王道はやはり今もGoProです。

HERO12はHyperSmooth6.0という手ブレ補正機能があり、手ぶれ補正能力は優秀です。

また、HERO12から熱制御性能が格段に良くなり長時間の撮影を可能としています。

たなか

DJIやInsta360の技術が向上し続けてますが、GoProもまだまだ負けてません!
アクセサリー等含めるとGoProは少し高いですが、その分品質も良いです。

ジンバルカメラおすすめはDJI Pocketのみ

本当はランキング形式で紹介したかったのですが、紹介できるジンバルカメラメーカーはDJIのみです。

DJI以外のメーカーは模造品で粗悪な場合が多いので買わないことをおすすめします。

もし買うのであれば「DJI Pocket3」「DJI Pocket2」のどちらかになるでしょう。

DJI Pocket 2

DJI Pocket 2は実際に僕も使っていますが、手ぶれ補正は最高レベルです。

値段はDJI Pocket 3よりも安いのでコスパは高いです。

ただ、縦撮影する場合は横向きに持たないといけないというデメリットがあります。

たなか

縦撮りが不便だけど、他は満足できるカメラです。
子供を抱っこしながら歩き撮影しましたが気になるブレは無しでした!

DJI Pocket 3

DJI Pocket3は2と比べて値段が高めですが、画面部分を縦と横の切り替えをするだけで縦撮影が一気にしやすくなりました。

また、画質が大幅に良くなり、暗所の撮影がDJI Pocket 2よりも高画質です。

たなか

コスパ重視ならDJI Pocket 2!
画質と便利さ重視ならDJI Pocket 3がおすすめ!

カメラはどこで買えば良い?

カメラは以下の場所で買うのがおすすめです。

カメラのキタムラ

楽天Amazonなどのネット通販

僕の場合ですが、中古は「カメラのキタムラ」で購入しています。

新品の場合は基本「カメラのキタムラ」で購入していますが、たまに楽天やAmazonでも買います。

一般的な電気量販店は値段を見ればわかりますが、ネット購入よりも高額ですのであまりおすすめできないです。

たなか

カメラのキタムラでネット注文する時は店舗で受け取りにしています。
保証の相談がしやすくて、送料無料なのが良いですね。
4回ほど中古購入してますが、全く問題は起こらずなんですけどね(笑)

カメラは新品と中古どちらが良い?

カメラは何を買っても高額なので初心者の方は美品の中古が良いのですが、少しの傷も許せない方は新品でも良いでしょう。

たなか

最近は新品の値上がりが激しくて中古の人気が高まってます。
中古需要は上がり続けてるので、そちらも毎年ジワジワと値上がりしてます。

カメラのキタムラで中古を買うならランクAB以上がおすすめ

軽い傷、軽いゴミの付着程度で機能に何の問題も無いカメラやレンズは全てランクB以上に設定されてます。

なので、機能性重視の方はランクBを買えば良いですが気になるレベルのキズやゴミはあります。

初めて買うのであれば、少々の傷程度で済むランクAB以上がおすすめです。

たなか

僕はランクBのレンズを何本か買って、レンズの中に大きめなゴミがあるのを確認したことがあります。
「これは大丈夫なの?」と思いましたが映りに何の問題も無く今も愛用しています。
レンズ内にはガラス玉が何枚も入っているので表面にゴミがいくら付着しても光学的には、ほぼ影響がないそうです。

アクションカメラやジンバルカメラに日本製は無い?

以前はソニーやパナソニックなどからアクションカメラが発売されていましたが、2015年辺りに新商品発表してから開発の話は無く撤退しています。

紹介したGoProやDJI、Insta360などは高品質でありながら値段は安く、日本メーカーは残念ながら競争に負けてしまったということになります。

ですが、一眼カメラや業務用ビデオカメラなどは日本メーカーが圧倒的にシェアを持っています。

もし日本メーカーが良いというのであればアクションカメラやジンバルカメラではなく、一眼カメラを使うことも考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

この記事のまとめ
  • アクションカメラ・ジンバルカメラが良い理由は強力な手ぶれ補正にある
  • 他のカメラでも三脚やジンバル、撮り方を意識することで動画撮影として通用する
  • アクションカメラ・ジンバルカメラのおすすめランキングはGoPro、DJI、Insta360で占めている
  • 日本製アクションカメラ・ジンバルカメラは残念ながら現在はほぼ無い

アクションカメラやジンバルカメラ以外のおすすめもありますので、他についても知りたい場合は以下の記事をおすすめします!

インスタ撮影はジンバルカメラ・アクションカメラがおすすめな理由【ランキング紹介】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次