記事内にプロモーションを含む場合があります

【2024年】インスタの撮影おすすめなカメラ!写真・動画両方に強い盛れる一台!

【2024年】インスタの撮影おすすめなカメラ!写真・動画両方に強い盛れる一台!
PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事でわかること
  • カメラ選びをするならイメージセンサーのサイズについて知った方が良い
  • おすすめカメラは4種類
  • それぞれのおすすめカメラ

インスタの動画や写真をワンランク上にしようと思ったら気になるのがカメラですよね。

でも、カメラは色々種類があってどれを選べば良いかわかりにくかったりします。

今回は人それぞれの使い方に合ったカメラとは何かを紹介します!

自分の撮影スタイルに合ったカメラを持てば、よりクオリティの高い動画や写真が撮れますよ。

【PR】

目次

カメラ選びで重要なイメージセンサーの違いを知っておこう

2024年インスタの撮影おすすめなカメラ!写真・動画両方に強い盛れる一台!

カメラにはコンデジや一眼レフ、スマートフォンなど色々な種類があり、全てにイメージセンサーが組み込まれてます。

イメージセンサーは簡単に説明するとレンズから入ってきた映像や画像を取り込むセンサーのことです。

色々なカメラやスマホでイメージセンサーの大きさは変わってきて、プロのカメラマンの多くはフルサイズのセンサーが入ったカメラを使っていたり、スマホに入ってる多くのセンサーは1/2.3サイズと小さかったりします。

イメージセンサー、センサーサイズとは?
スマホは⑪のセンサーが一般的

カメラのセンサーサイズは大きいほど高額だが質の良い撮影ができる

一般で買えるカメラだと一番大きいサイズは「フルサイズ」です。

プロのカメラマンは基本的にフルサイズセンサーのカメラを使っています。

画質が最高レベルなだけでなく、映画のような背景ボケを作ったり、暗い夜でも綺麗な撮影を可能にしています。

プロも使うレベルということもあり、一番安いフルサイズカメラでも10万円以上はします。

カメラのセンサーサイズは小さくても編集機能のおかげで綺麗に撮れる

センサーサイズが小さいカメラと言えばスマートフォンです。

上の画像で言うと⑪1/2.3というサイズがスマートフォンに、よく使われています。

センサーサイズが小さいと背景ボケがあまり無く、暗い場所での撮影がうまくできないのですが、スマートフォンはCPUによる加工編集の力で綺麗に撮れたように変更しています。

スマートフォンで空を撮影すると目で見るよりも濃い色の空になるのはCPUが色を強くしてくれるからです。

イメージセンサーについての詳しい情報は以下をご覧ください。

大まかに分けてインスタで使えるおすすめカメラは4種類ある

カメラの種類は大まかにですが4種類に分けられると考えています。

  • 映画クオリティの撮影ができるフルサイズカメラ
  • 暗い場所でもキレイに撮れる万能型APS-Cカメラ、マイクロフォーサーズカメラ
  • 手振れを気にせず撮れるアクションカメラ
  • どこでも簡単に撮れて簡単に編集ができるスマートフォン

ビデオカメラはインスタに向いていないのでおすすめに含めてません。

インスタで見る動画は縦型動画が基本となるのですが、ビデオカメラでは縦型で撮影するのが難しいからです。

他にもコンパクトデジタルカメラとかあるのですが、センサーサイズがAPS-Cと書かれている物はAPS-Cカメラの一つだと思っていただくと良いです。

それぞれのカメラの違いはセンサーサイズの大きさ、手ぶれに特化してるか、手軽に使えるかなどの違いがあります。

ここからはフルサイズカメラ、APS-Cカメラ、マイクロフォーサーズカメラ、アクションカメラ、スマートフォンの特徴とおすすめカメラを紹介します。

映画クオリティの撮影ができるフルサイズカメラ

フルサイズカメラはプロレベルの写真や動画を投稿することが目的の方におすすめです。

フルサイズカメラを使う:メリット
  • 最上級レベルの映像美が撮れる
  • 映画のような自然な背景ボケが作れる
  • 暗い夜でも綺麗な映像や写真が撮れやすい
フルサイズカメラを使う:デメリット
  • 暗い場所では背景ボケが強くなりすぎる時があり、扱いが難しい
  • カメラとレンズの値段が高級で安くても10万円は超える
  • 動画撮影時に手振れの影響を受けやすい
  • センサーサイズが大きいので機体が重い

高級で映画のような撮影ができますが、背景ボケを決めるF値の設定が難しくなりがちです。

オートモードにしていたら扱いは難しくないのですがフルサイズの良さを活かせず、APS-Cやマイクロフォーサーズカメラと差のある画質になりにくいです。

練習するほど自分の求める写真や動画を作れるのは魅力ですけどね。

フルサイズのおすすめカメラ

紹介するカメラはレンズがセットになっています。

ボディのみで販売されてるカメラはレンズを別で買う必要があります。

CANON EOS RP 24-105

フルサイズで一番安く買えるのが魅力なCanonのカメラで前に使っていたカメラです。

値段は安いですが写真はフルサイズらしい画質で撮れて、動画は強力な電子手振れ補正があるので十分活躍します。

SONY α7CII ズームレンズキット

私が愛用するカメラです…!

α7CIIはフルサイズカメラの中で最軽量なので持ち運びがしやすく、写真や動画の機能も申し分ないです。

ソニーは動く物にピントが合うのも早いのがおすすめポイントです。

その他おすすめ

ニコンの入門機で持ちやすさや高級感は別格です。

元ニコンユーザーで動画もしっかり撮れるカメラなので買うか悩みました。

パナソニックのLUMIXは動画に強いイメージが長年続いています。

暑い夏場はカメラが熱くなりすぎて動画撮影が止まることがありますが、こちらは放熱機能を持っています。

暗い場所でもキレイに撮れる万能型!APS-Cカメラ、マイクロフォーサーズカメラ

APS-Cとマイクロフォーサーズはそれぞれ分けても良かったですが今回は同時に紹介します。

背景ボケにこだわりがないが、高画質が撮りたい方におすすめです。

カメラを続けられるか不安だけど一眼カメラを買いたい初心者はフルサイズではなく、こちらを選んだ方が良いです。

メリット
  • フルサイズに比べて安い
  • 動画撮影時に背景がボケ過ぎずに暗いところを撮れる
  • 望遠はフルサイズよりも綺麗
  • フルサイズよりも小型で軽量
デメリット
  • 背景ボケが少ない
  • 黒つぶれ、白とびがフルサイズよりも起きやすい
  • プロカメラマンと同レベルの表現は難しい

背景のボケ感はほどほどで良いという方はAPS-Cやマイクロフォーサーズで満足できます。

むしろ、例えば暗めな室内で望遠撮影となるとAPS-Cやマイクロフォーサーズの方が簡単に綺麗に撮れるでしょう。

バランスの良い機体が欲しい方はAPS-C、望遠を中心に撮りたい方はマイクロフォーサーズを選ぶと良いでしょう。

APS-Cのおすすめカメラ

紹介するカメラはレンズがセットになっています。

ボディのみで販売されてるカメラはレンズを別で買う必要があります。

VLOGCAM ZV-E10L

VLOG用カメラですが、動画撮影の入門機として優秀な一台です。

写真撮影も問題なくできますが、ファインダーという除き窓は無しです。

スマホ撮影に慣れている方はファインダーは無くても問題なしな方は多いでしょうし、そのおかげで値段は安くコンパクトな作りです。

EOS R10 RF-S18-150 IS STM

これ一台あればAPS-C撮影で困ることは、ほとんど無いでしょう。

広角から望遠まで広くカバーしてるだけでなく、本格的な写真や動画の撮影が可能です。

値は高くなってしまいますが、後悔の無いオールラウンダーを買おうと思うと仕方ない部分ではあります。

マイクロフォーサーズのおすすめカメラ

紹介するカメラはレンズがセットになっています。

ボディのみで販売されてるカメラはレンズを別で買う必要があります。

LUMIX DC-G100K

動画メインならパナソニックは一押しです!

手振れ補正力や画質、動画を撮るボタン配置など最高の一台です。

写真性能も、この価格帯ではトップレベルのクオリティです。

OM SYSTEM OM-1

高価格な部類に入りますが、強力な手振れ補正やノイズ処理技術があるので、写真と動画どちらも満足なレベルです。

レンズはF2.8と本来10万円近くするレベルなのですが、プラス3万円で済むのが驚きです。

そのレンズを使えば暗い所でも高画質な撮影がしやすくなります。

手振れを気にせず撮れるアクションカメラ

映像の手振れはアマチュアっぽさを出してしまう要因で、その手振れを気にせず撮影できるのがアクションカメラです。

山登り中やバイクの運転中の映像はアクションカメラを使うことで滑らかになり、おすすめです!

メリット
  • 強い手振れを抑えられる
  • 撮影者が揺れを気にせず動ける
  • 写真も撮れる
デメリット
  • イメージセンサーのサイズは小さめなので暗くなるとノイズの多い映像になる
  • 望遠にすると画質が悪くなる

手振れに強い反面、望遠ズームをすると一気に画質が悪くなり、暗いところの撮影はざらつきのある映像になります。

ズームを多用しないなら普段の撮影でも通用するカメラです。

アクションカメラのおすすめ

OSMO POCKET 2

僕が使ってるカメラで山登り撮影で大活躍してくれました。

OSMO POCKET 3もあるのですが、2でも十分活躍できるのに値段が安めです。

縦向きも可能でインスタの動画撮影に向いてます。

HERO12 BLACK CHDHX-121-FW

ゴープロもおすすめのアクションカメラです。

先ほど紹介のOSMO POCKET2は手で持たないといけないのですが、こちらは胸や頭に装着することが可能です。

装着可能なのですが、専用のマウントを買う必要があります。

どこでも簡単に撮れて簡単に編集ができるスマートフォン

もう何も言う必要が無いくらい便利なアイテム、スマートフォン!

強い手振れ補正があり、撮影した動画や写真は自動で綺麗な色味に仕上げてくれます。

メリット
  • 手振れ補正は強め
  • 明るい場所で撮れば高画質
  • CPUが綺麗な写真になるようサポートしてくれてる
  • どこでもすぐに撮影ができる
  • 編集もその場でできる
デメリット
  • 暗めな場所で撮影するとザラザラした画質になる
  • 望遠ズームで画質が一気に落ちる
  • どれも似たような色味に仕上がり個性を表現しにくい

スマホで満足できる撮影ができるのであれば、無理して高いカメラを買う必要は無いです。

明るい部屋で近くから撮影したら、スマホで撮ったか高級なカメラ撮ったかを見分けられる方は少ないと思います。

おすすめスマホ

どのスマホもカメラ機能に力を入れてるので、格安でなければどれでも良いというのが本音です…。

ちなみに、たなかはiPhone、Pixel、Xperia等を使ってきましたが、どれも満足してます!

まとめ

この記事のまとめ
  • イメージセンサーはフルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズ、スマホで使われるサイズで大きさが違い、大きい程高額で暗闇に強く綺麗に撮れる
  • おすすめカメラは4種類あり、フルサイズカメラ、APS-Cかマイクロフォーサーズのカメラ、アクションカメラ、スマートフォンなどがある
  • それぞれ具体的なおすすめカメラを紹介した
【2024年】インスタの撮影おすすめなカメラ!写真・動画両方に強い盛れる一台!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次