初心者おすすめコーヒー道具記事はこちら

【バズる方法】インスタのリール動画やってはいけない撮影方法5選!

やってはいけないリール動画撮影方法とは?コーヒー動画バズらせ方!
この記事でわかること
  • 撮影を見直すべき理由
  • やってはいけない撮影方法5選

今回は、どのジャンルのインスタでも同じことが言える「やってはいけない」撮影方法をご紹介します。

コーヒーみたいな近づいて部屋の中で撮る時の方法も含めています。

私のコーヒーアカウントで投稿したリール動画が↓のような感じです。

投稿数は結構少ないのですが、なんとかいいね4000を超えてます。

また、本業の方では企業アカウント2万フォロワーと5000フォロワーの2つを担当してます。

どちらも100万再生以上を達成しました。

こうやって、動画がヒットするにはコツがあります。

今回は撮影に着眼してノウハウをお伝えできたらと思ってます。

【PR】

目次

撮影方法を直すだけで上達する動画投稿者は多い

やってはいけないリール動画の撮影方法とは?

フォロワーが増えないアカウントには共通点があります。

今回紹介する「やってはいけない撮影方法」をしがちなんです。

面白い内容でも手振れがあったり画質が悪いと、動画を見てもらえずスキップされてしまいます。

最新のスマートフォン機能に助けられて良くなってきてますが、今も撮影の仕方を直すだけで視聴数が増える方は多いように思います。

やってはいけない撮影方法をやってる方は、本記事を読んで直すだけでリール動画視聴数1万を超えられる方もでてくるのではないでしょうか。

それでは、それぞれ紹介していきます。

やってはいけないリール動画撮影:手振れのしすぎ

素人っぽさが出てしまう一番の原因は手振れです。

せっかく面白い物を撮影していても動画が揺れていると視聴者は不快になり、見るのを止めてしまいます。

この途中で見るのを止める人が多いほど、インスタグラムのオススメには載らなくなります。

手振れを防ぐ方法はこちらです。

手振れを防ぐ撮り方を意識する

最近のスマホは手振れ補正が強力なので、ブレが起きないように持つだけで改善されます。

  • 脇を閉めてスマホ(カメラ)をしっかり持つ
  • 両手でしっかり持つ
  • スマホ(カメラ)はゆっくり動かす

この辺りができてくると気になるほどの手振れは減ります。

コーヒーみたいな物を撮る場合は下のようにしましょう。

三脚を使おう!【コーヒー撮影にもオススメ】

物を撮ったり、接近して撮影するなら三脚を使うだけで素人っぽさが一気に抜けます。

地震でもない限り、まず揺れないです。

コーヒーのリール動画を見て回ればわかりますが、いいねが多い動画は全く揺れがないです。

三脚はスマホ用、一般カメラ用と別れてることがありますので買う場合はご注意ください!

手振れのない滑らかなカメラワーク撮影はどうやる?

手振れを防ぐ方法はいくつかあります。

  1. カメラはゆっくり動かす
  2. 手振れ補正の強いカメラを使う
  3. 動画編集で動かす
  4. ジンバルを使う
  5. 搬送台車に乗って人に押してもらう

プロのカメラマンは4,5番のやり方が多いですが、さすがにそこまでは私もしないです。

プロレベルの映像を見せるのが目的ではないなら、1,2,3番で十分です。

やってはいけないリール動画撮影:部屋が暗すぎる

最近のスマホは暗い中でも撮影はできます。

しかし、そのまま撮影した動画はザラザラとした低品質な動画になっているはずです。

カメラは暗い中で撮影すると、動画が見やすいように明るくしようとISO感度を上げてしまいます。

このISOは上げる程、暗闇の中でも撮影できますが、その分、画質が悪くなる性質を持っています。

LEDライトを使おう【コーヒー撮影オススメ】

LEDライトでしっかり光を当てるとザラザラしていた動画や写真の画質が改善されます。

上のような卓上のライトでも効果はあります。

屋外撮影はライト不要

太陽の光は、どのライトを使うよりも優秀です。

コーヒーの撮影でも、キャンプとかならライト無しでも自然光で画質が保たれます。

やってはいけないリール動画撮影:斜め撮り

私が今言う斜め撮りはカメラを斜めに傾けて撮る方法です。

ダイナミックに映るきがするのですが、多くは失敗しがちです。

やってはいけないリール動画撮影方法斜め撮り
斜めに撮ったカメラ

斜めにしてしまうと現実感からかけ離れるため違和感のある動画になりがちです。

1万いいねのあるインスタの動画を見ていけばわかりますが、斜めに傾けて撮ってる動画や画像はレアです。

スマホ・カメラは傾けず撮る

美しいと思う動画や写真の多くが斜め傾けずに撮ってあります。

テレビなんかがそうですが、斜めに傾ける瞬間はあっても、ずっと斜めは無いです。

ローアングル、ハイアングルはOK

斜め撮りと言ってもローアングルやハイアングルからの撮影は見栄えが良くなるので良いと思います。

ハンドドリップコーヒーとかハイアングルじゃないと見えませんし・・・。

やってはいけないリール動画撮影:横構図で撮影

リール動画は全て縦画面で表示されます。

下から上までキッチリ映像が入った方が良いです。

横位置で撮ると上下は黒になって動画が小さく見えてしまいます。

やってはいけないリール動画撮影方法横位置撮影
横位置は小さく見える
やってはいけないリール動画撮影方法横位置撮影
大きく見える

スマホやカメラは縦にする

リール動画を作るなら縦に向けるのは鉄則だと思っておきましょう。

見やすさは何より重要です。

やってはいけないリール動画撮影:カメラワークが常に激しい

瞬間でカメラの向きを変えるのは時には良いこともありますが、プロが撮る動画は基本ゆっくり動いてます。

手振れの原因になりますし、早く動いてばかりの動画は見てて酔いますね。

アングルを変えるときはゆっくり向きを変える

テレビとか見ればわかりますが、常にカメラをぶん回すような撮り方はしていないです。

カメラはゆっくり動かすことで滑らかなキレイなカメラワークになります。

シーンごとに撮影位置を変えてみるのも良い

撮影位置を変えるだけでも撮影のバリエーションが増えます。

真横から撮る、斜め上から撮る、近づく、離して撮るなど位置はいくらでも工夫が可能です。

あえて動かず撮影する

コーヒーのインスタ動画によくあるのですが、三脚で同じ場所から撮ることもあります。

レシピ紹介とかもそうですが、動かさない方がわかりやすく見やすいです。

まとめ【やってはいけないリール動画撮影】

この記事でわかること
  • 撮影を見直すだけでリール動画視聴数1万を超える人は多くいる
  • やってはいけない撮影方法は「手振れ」「暗い部屋で撮影」「斜め撮り」「横構図撮影」「激しいカメラワーク」などがある

撮影方法を直すだけで見てもらえる回数は段違いで増えると思いますが、インスタの見てもらえる回数は撮影方法以外でも気を付けないといけないです。

こちらの記事ではハッシュタグについて書いてますので合わせて読むことをおすすめします。

インスタ収益化おすすめASP

実際に利用していて、それぞれに良さがあります。

基本的にASPは複数社を登録して自分に合った案件探します。

全て無料で登録が可能です。

A8.netは案件が豊富で探しやすいです。

もしもアフィリエイトは特にAmazonや楽天の商品紹介で使いやすい。

バリューコマースのヤフーショッピング紹介と大手会社案件が豊富です。

Amazon・楽天で買えるおすすめコーヒー豆【PR】

ロクメイコーヒー:コーヒー焙煎技術2018年日本チャンピオンの最高のコーヒー豆!

Amazon 楽天

丸山珈琲:香りが最高な味わい深いスペシャルティコーヒーが買える!

Amazon 楽天

マタタビ珈琲豆店:スペシャルティコーヒー専門店のこだわり自家焙煎!

楽天

やってはいけないリール動画撮影方法とは?コーヒー動画バズらせ方!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次