記事内にプロモーションを含む場合があります

エスプレッソをドリップで作ることができる?濃いコーヒーの抽出方法

エスプレッソをドリップで作ることができる?濃いコーヒーの抽出方法
PVアクセスランキング にほんブログ村

エスプレッソをドリップで作ることができるのか・・・。

最初に答えてしまうと、エスプレッソ程の濃さは無理ですが近づけることは可能です。

近づけるには以下の二点をする必要があります。

  • コーヒーオイルの抽出
  • 濃いコーヒーの抽出

コーヒーオイルを抽出できてもエスプレッソのように白い泡のようなクレマはドリップには難しいです。

ドリップで濃いコーヒーを抽出してもエスプレッソ程の濃さもまた難しかったりします。

しかし、ドリップでも結構濃いめコーヒーを抽出することは可能なので、その方法をご紹介します!

牛乳を入れるカフェオレをする時によく合いますよ!

【PR】

目次

ドリップコーヒーとエスプレッソの違いとは?

ドリップコーヒーとエスプレッソの違いとは?

それぞれに特徴があり、同じコーヒーなのですが味わいや濃度は全くの別物です。

初めてエスプレッソを頼んだ時、知らずに飲んで苦みの強さに驚いてしまったのを思い出します・・・。

私が思うそれぞれの特徴はこちらです。

ドリップの特徴
エスプレッソの特徴
  • エスプレッソに比べて薄い
  • コーヒーオイルは基本無し
  • 抽出時間は長め
  • ドリップに比べて濃い
  • コーヒーオイルをしっかり抽出
  • 抽出時間は短め

濃度が違う

ご存じの方ならわかると思いますが、コーヒーの濃度が全然違いドリップよりエスプレッソの方が濃いです。

エスプレッソはそのまま飲むと苦みが強すぎて飲めない方もいると思いますが、砂糖をしっかり入れたり、お湯で薄めてアメリカーノにすることもできます。

コーヒーオイルの抽出の違い

コーヒーの油をコーヒーオイルというのですが、ドリップではペーパーフィルターを使うとあまり抽出されず、エスプレッソはしっかり抽出して水と混ざることで乳化して抽出されます。

エスプレッソの水と油で乳化した液体をクレマと言います。苦手な方もいますが、美味しいですよ!

ドリップコーヒーでもステンレス製フィルターやセラミックフィルターでコーヒーオイルを抽出することができます。

抽出時間の違い

ドリップコーヒーはお湯をコーヒー豆に注いで抽出していきますが、エスプレッソは圧力を一気にかけて抽出されるため短い時間でできます。

ドリップコーヒーでエスプレッソの味に近づけるコーヒーオイルの抽出

ドリップコーヒーでエスプレッソの味に近づけるコーヒーオイルの抽出

コーヒーオイルの抽出はドリップでも可能です。

残念ながら、画像のような乳化した泡のようにはなりませんが・・・。

エスプレッソとドリップの違いでも説明しましたが、ステンレスフィルターかセラミックフィルターで抽出することができます。

ステンレス製フィルターかセラミックフィルターを使う

コーヒーオイルを抽出するならペーパーフィルターではなくステンレス製フィルターかセラミックフィルターを使う必要があります。

どちらも小さな穴があり、ペーパーフィルターではせき止められていたコーヒーオイルを抽出することが可能です。

どちらも使い捨てではなく、何度も使えることが良いですね。

ステンレスフィルター、セラミックフィルターを使う上での注意点

どちらもペーパーフィルターとは違って使い捨てではないのですが、洗い方には気を付ける必要があります。

ステンレスフィルター

普段から洗剤を使ったり、水のみで洗うことも可能です。

目詰まりが酷いと思った時は沸騰したお湯に10分間漬けると取れます。

セラミックフィルター

基本水やお湯のみで洗います。

洗剤を使った場合は洗剤の成分がしみ込んでしまうので使ったら水に漬け込んで洗剤を抜くと良いです。

こちらも目詰まりが酷くなれば沸騰したお湯に10分間漬けると改善します。

濃いコーヒーをドリップする方法

考え方としては、注ぐお湯の量を減らす事で濃度の高いコーヒーを抽出することができます。

ドリップコーヒーはお湯を注げば注ぐほど薄いコーヒーが流れ出ますので、その薄い部分をサーバーに入れなければ良いということです。

また、薄いコーヒーには雑味が含まれやすいのですが、その雑味を減らすこともできます。

具体的な方法は以下の通りです。

2人分の抽出の場合

使う豆や湯はこちらです。

  • コーヒー豆:20g
  • お湯:100ml

お湯の量は粉1gに対し湯は5mlという感じです。

では、淹れる順序を紹介します!

STEP
蒸らしで20mlを使う

ゆっくり中心部分を円を描くように注ぎます。

STEP
蒸らしで20秒待つ

20ml注ぎ終わってから20秒待ちます。

STEP
残りの80mlをゆっくり円を描くように注ぐ

フィルターにお湯が当たらないようにします。

STEP
落とし切りで完了

注ぐステップ以上です!

結構シンプルで贅沢なドリップだとは思いますが濃いコーヒーだけで抽出できています。

この濃いコーヒーに、たっぷりの温かいミルクを入れると美味しいカフェオレができます。

また、お湯で薄めたり、氷を入れてアイスコーヒーにするとクリアな味が楽しめます!

エスプレッソを作りたいのであればマキネッタがお手頃でおすすめ

エスプレッソを作りたいのであればマキネッタはいかが?

エスプレッソマシンと言えば全自動で7万円近くはします。

少し手間ですが半自動のエスプレッソマシンで3万円程度です。

結構高いですよね。

余裕があればエスプレッソマシンが欲しいですが高価なので難しいという方(わたしも)いるかと思います。

そこで、エスプレッソマシンの代わりにマキネッタはいかがでしょう?

1万円以上にお金を使う事もなく、ガス火があれば少し薄めですがエスプレッソが作れます。

こちら、デザインは違いますが私はビアレッティのモカキスプレス愛用しています。

エスプレッソが作れると言ったのですが、少し薄めの味になりますが十分美味しいので試す価値はあります。

↓こちらにより詳しく書いた記事があります。

マキネッタ注意点

注意点があります。

コーヒーの粉は細挽き~中細挽き

エスプレッソと言えば極細挽きなのですが、マキネッタは細挽きか中細挽きです。

極細挽きにすると出来上がったコーヒーに微粉が結構入ってたりします。

通常のガスコンロで使えないのでミニ五徳が必要

マキネッタは形が細長いため、日本のガスコンロには置くことができません。

上の動画でも使っているのでですが「ミニ五徳」が必要となります。

私も愛用しているのがこちらのミニ五徳です。

コンロの上に置いて、ミニ五徳の上にマキネッタを置くことができます。

水は多く入れすぎない

写真のように弁がついています。

こちらは、空焚きをしてしまっても圧力で破損しないためにあります。

水は、弁の下あたりまで入れましょう。

火をつけっぱなしにしない

当然ですが、危険なので忘れないようにしましょう。

まとめ

エスプレッソとドリップでは抽出方法が違い、エスプレッソはドリップには無い圧力やスチームを利用して濃いコーヒーとクレマを抽出します。

ドリップでエスプレッソを再現するのは不可能ですが、濃いめのドリップコーヒーとコーヒーオイルの抽出は可能です。

二人分なら20gのコーヒー豆と100mlのお湯で抽出すると雑味の少ない濃いコーヒーができます。

コーヒーオイルはクレマにできませんがステンレスフィルター、セラミックフィルターで抽出可能です。

最後に紹介したマキネッタは美味しいエスプレッソとドリップコーヒーの中間のようなコーヒーが楽しめますので、ぜひ試してみてください!

エスプレッソをドリップで作ることができる?濃いコーヒーの抽出方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次