記事内にプロモーションを含む場合があります

コーヒーのペーパーフィルターは白色と茶色の違い!おすすめは?

ペーパーフィルター白と茶色の違い
PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事でわかること
  • ペーパーフィルターの白色、茶色の作り方の違い
  • 白色と茶色どちらを使った方が良いか
  • おすすめペーパーフィルターは何か

ペーパーフィルターは形か色で大きな違いがあります。

形についてはドリッパーの形に合わせて使えば良いというのは何となくわかりますが、色の違いって一見ではわからないですよね。

今回は、色の違いについて集中して書かせていただきました。

今までどちらにするか悩んでた方は、この記事を読むことで悩むことは無くなると思います。

たなか

私は白を使ってます!
調べるほど白が良いってなります!

【PR】

目次

【違い】白色と茶色のペーパーフィルター製造方法

白色と茶色の違いは「漂白したかどうか」です。

ペーパーフィルターが白い理由

元の色は茶色です。

茶色のペーパーフィルターを漂白すると白くなります

ペーパーフィルターが茶色な理由

茶色のペーパーフィルターは漂白しないので本来の色です。

ただし、漂白無しでペーパーフィルターとして使えるようにするため大量の水で洗います。

白色ペーパーフィルターに使う漂白剤は健康に無害

ペーパーフィルターに使う漂白剤は健康に無害

ペーパーフィルターに使われる漂白剤は酸素系の漂白剤です。

以前は塩素系が使われ、人体に対する影響が懸念されてましたが、現在は人体に影響のない酸素漂白が使われています。

メリタの記事でも「地球にも人にもやさしい完全酸素漂白」とあります。

必ず安全というわけではない

メーカーによっては塩素系の漂白剤が使われているかもしれません。

信用できるメーカーのフィルターを使うようにしましょう。

茶色が安全とも言えない

大量の水を使って洗っていますが、生産地の水が汚染されていた場合は安全とは言えません。

茶色でもメーカーはしっかり選んだ方が良いです。

白と茶色どちらのペーパーフィルターが環境に良い?

白と茶色どちらのペーパーフィルターが環境に良い?

製造時、環境に良いペーパーフィルターは白色です。

白色は漂白剤を使っているから環境に悪いというイメージを持つ方が多いですが、実は漂白剤を使わない方が環境に悪いです。

茶色の方が環境に悪い理由

茶色のペーパーフィルターは漂白剤を使わない代わりに大量の水を使って洗浄しています。

漂白剤を使わないので環境に良いと勘違いされてる方が結構多いですが、それは間違いなのです。

【違い】茶色のペーパーフィルターの方が高価

ハリオのネットショップでも茶色の方が少し高めに設定されてます。

白色ペーパーフィルター
茶色ペーパーフィルター
  • 374円 V60 ペーパーフィルター01白(2023年11月時点)
  • 394円 V60 ペーパーフィルター01茶(2023年11月時点)

茶色のペーパーフィルターは大量の水を使って紙の香りや味を落とすため漂白する白色よりも生産コストがかかります。

生産コストがかかると値段に影響してきます。

どちらのペーパーフィルターがコーヒーの味に影響する?

茶色のペーパーフィルターは味に影響しやすいです。

白色ペーパーフィルター
茶色ペーパーフィルター
  • ほぼ影響なし
  • 段ボールっぽい味や香りがする

茶色のペーパーフィルターは紙の臭いがある

茶色のペーパーフィルターは水で洗われていますが、それでも結構紙の臭いが残っています。

そのままペーパーを嗅いでみると、あまり香りはしませんが、お湯をかけると紙の臭いや味が出てしまいます。

どのような香りがするかは実際にお湯をかけてみればよくわかります。

段ボールっぽい臭いがするはずです。

白色のペーパーフィルターは、ほぼ無臭

こちらもお湯だけかければわかりますが紙の香りは、ほぼ無臭です。

コーヒーを実際に淹れる際は、紙の香りを気にせず使えます。

茶色のペーパーフィルターは湯通し(リンス)すると使いやすい

茶色のペーパーフィルターは湯通し(リンス)すると使いやすい

茶色のペーパーフィルターは使う前にお湯をかけるリンスをしてあげると段ボールっぽい味や香りが、ほとんど消えます。

コーヒー豆を入れる前の状態に上からお湯をかけるだけです。

リンスはドリッパーやサーバーを温める効果がありますが、紙が先に濡れてしまうためコーヒー豆の粉が付着して先に抽出されてしまうデメリットもあります。

私はリンスする時間がもったいないと思っているのでやってないです。

リンスのメリット
リンスのデメリット
  • ペーパーフィルターの味、香りを除く
  • サーバーやドリッパーを温めることができる
  • ペーパーフィルターだけ先に濡れてしまう

白色ペーパーフィルターのメリット・デメリットまとめ

白色ペーパーフィルターのメリットとデメリットをまとめてみました。

デメリット部分は信用できるメーカーを選ぶことで回避できるでしょう。

白色のメリット
白色のデメリット
  • 紙の臭い無し
  • 価格が安い
  • 環境に良い
  • 健康に無害だが、酸素系漂白剤がどうしても気になるのであれば、デメリット
  • メーカーによっては塩素系漂白剤が使われ健康に悪い

茶色ペーパーフィルターのメリット・デメリットまとめ

こちらでは、茶色ペーパーフィルターのメリットとデメリットをまとめてみました。

これを見ると、やはりお勧めするのは白色ですが、湯通し(リンス)をすることで味の部分はデメリットにはならないです。

茶色のメリット
茶色のデメリット
  • 酸素系漂白剤を使ってない
  • 紙の風味がする
  • 白色より高価
  • 水を大量に使うので環境に悪い
  • 製造メーカーによっては健康に悪い

おすすめのペーパーフィルター

ペーパーフィルターは製法によって健康に影響が出てしまいます。

信用できる定番のペーパーフィルターだけを使うことをおすすめします!

もっと言うと、買ったドリッパーと同じメーカーのペーパーフィルターを使うのが一番良いです。

HARIO(ハリオ)「V60ペーパーフィルター01M

よくある円錐タイプのドリッパーで使うペーパーフィルターです。

濃いめの味を出すのに向いてます。

Kalita(カリタ)「KWF-155」

カリタのウェーブ型ドリッパーを使うなら、ウェーブフィルターがおすすめです。

ドリッパーとの接触が少ないので雑味を出しにくいです。

Kalita(カリタ)「NK102」

台形ドリッパーなら台形ペーパーフィルターを使うのは当然ですね!

台形タイプはお湯の注ぎ方が初心者でも美味しくなりやすいのが良いところです。

まとめ

この記事のまとめ
  • ペーパーフィルターの白色、茶色の違いは漂白剤を使ってるかどうが
  • 特別な理由がなければ白色が良いですが、漂白剤がどうしても気になるなら茶色も良い
  • 紙の風味がする茶色ペーパーフィルターでもリンスという湯通しをすれば良い
  • おすすめペーパーフィルターは定番のもの!

とにかく、白がおすすめです!

茶色がどうしようもない程悪いというわけではないので、茶色を使う事は否定しませんが、白色には使うメリットが多くあります。

ペーパーフィルター白と茶色の違い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次