初心者おすすめコーヒー道具記事はこちら

浸漬式ドリッパーのコーヒー淹れ方!時間などのコツも紹介【ハリオスイッチ360】

【忙しい朝に最高】浸漬式ドリッパーの使い方と美味しくするコツをご紹介
この記事でわかること
  • 浸漬式ドリッパーの特徴
  • 浸漬式ドリッパーの使い方
  • 浸漬式ドリッパーの小技

浸漬式ドリッパーは雑味の少ないコーヒーが作れるという魅力があります!

セットしたらお湯を注いで待つだけという簡単さもおすすめポイントです。

今回は、そんな浸漬式ドリッパーについて紹介させていただきます!

浸漬式の特徴や美味しくする小技もありますので、ぜひ試してみてほしです!

ヨメちゃん

だれでも美味しく淹れられるって最高!

【PR】

目次

浸漬式ドリッパーとは?

浸漬式ドリッパーは、コーヒーの粉をお湯に浸して抽出するドリッパーのことです。

他のドリッパーと違ってスイッチがあり、お湯をドリッパー内に溜めてコーヒーの粉を漬け込んで抽出する仕組みです。

詳しい使い方は下の「基本的な浸漬式ドリッパーの使い方」をご覧ください。

浸漬式ドリッパーで使うペーパーフィルターは?

V60のペーパーフィルター02が最適なサイズです。

小さいサイズの01を使うとコーヒー豆も一緒に注がれてしまうので必ず02の1~4杯用ペーパーフィルターを使いましょう。

たなか

浸漬式ドリッパーの付属で付いてるペーパーフィルターも02サイズです!

基本的な浸漬式ドリッパーの使い方

基本的な浸漬式ドリッパーの使い方

まず準備するものですが、以下の物を使える状態でそろえましょう。

・300cc以上が入るサーバー

・浸漬式ドリッパー

・ペーパーフィルター

・コーヒーの粉20g(中細挽き)

・お湯240cc以上(深煎りは85℃、浅煎りは92℃あたりがオススメ)

上にあるハリオの浸漬式ドリッパーとフィルターを使います。

コーヒー豆は中細引き20gを用意しましょう

お湯は240cc以上で必要です。

温度は深煎り85℃、浅煎り92℃あたりがオススメです。

以下にステップを書いていきます。

STEP
浸漬式ドリッパーのスイッチを確認

お湯が溜まることができる方向にスイッチを入れましょう。

ドリッパー内のステンレスボールが沈めばOKです。

STEP
サーバーに浸漬式ドリッパーを載せて、フィルターとコーヒーの粉をセット
STEP
お湯を240cc注ぐ

※ケトルは何でもOKで一気に注いで問題ないです

STEP
2分間待つ

コクをより出したい場合はスプーンで数回かき混ぜる撹拌をすることが1分後にするのがオススメです。

STEP
スイッチを押してサーバーに流す

最後まで落とし切らない方が美味しいです。

スペシャルティコーヒーは落とし切っても美味しいです。

以上になります。

ハンドドリップよりかなり簡単です!

Instagramで動画を作成したので、よければ見てください。

浸漬式ドリッパーはどんな味になる?

浸漬式ドリッパーはどんな味になる?

使い方を覚えたら特別な技術は必要ないので安定した美味しいコーヒーが淹れられます。

ですが、普通のハンドドリップとは違う点もあるので、その紹介をします。

成分をそのまま抽出してくれる

ハンドドリップは美味しい成分だけを多く抽出することができるのに対して、浸漬式は成分をそのまま抽出してくれます。

そのため、品質の悪いコーヒー豆は雑味成分もそのまま抽出されやすいという欠点があります。

たなか

スーパーで売ってる安いコーヒー豆でも美味しく淹れられます!

通常の使い方だと味が少し薄め

浸漬式ドリッパーを使うと薄めに抽出されるので人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

もし、もっとコクを出したいと思ったら抽出中にスプーンで軽く混ぜるといいでしょう。

下の「浸漬式ドリッパーの美味しくする小技」に詳しく書いてます。

たなか

これは好みが別れます!
通常の使い方が良いと言う方もいます。

浸漬式ドリッパーを使うメリット・デメリット

まずはメリットをご紹介します。

  • 忙しい日でもサッとできる
  • 豆の美味しさがそのまま出る
  • テクニックは不要
  • 誰でも安定した抽出が出しやすい

忙しい時間は浸漬式ドリッパーを使うカフェ店員やオーナーの方は多くSNSで見かけることがあります。

では、次はデメリットです。

  • ハンドドリップのプロの味には勝てない
  • 豆の品質が悪ければ雑味が多く出る
  • 少し冷めてしまう(70℃ほど)

デメリットは以上になりますが、少し冷めても良い、そこそこ良質な豆が用意できるのであれば試す価値はあります!

たなか

ハンドドリッププロの味を100点とすると、浸漬式は80点以上の合格点以上の味だと僕は思ってます。

浸漬式ドリッパーの美味しくする小技

浸漬式ドリッパーの美味しくする小技

こちらでは通常とは少し違う浸漬式ドリッパーをご紹介します。

スプーンでステア(撹拌)

先程も紹介しましたが、お湯を注いで1分後にスプーンでかき混ぜてあげることでコクを出します。

浸漬式ドリッパーを使って薄いと思ったらやってみましょう。

たなか

僕は撹拌有り無しのどちらも好きなので気分でやってます。

蒸らしをする

通常のハンドドリップと全く同じ蒸らしをしてからお湯を240ccを注ぐことでコクがしっかり出やすくなります。

20gのコーヒー豆を使う場合、40g分のお湯を注いでから30秒待つと良いです。

たなか

とにかくコクを出したい方向けです!

シナモンの粉も入れてみる

ハンドドリップにもある方法ですが、シナモンコーヒーにすることもできます。

シナモンの粉を1-1.5gほどお湯を注ぐ前から入れておくと体が温まりやすいコーヒーになります。

たなか

浸漬式じゃなくてもできるので、安いコーヒーでたまにやってます。

お湯を280-300gまで注ぐ

本来240ccまでですが、私は2人で飲むということもあり、ギリギリまでお湯を注いでます。

濃さが気にならなければ私はOKだと思いますが、こぼさないよう気をつけましょう。

たなか

240ccだと正直2人で飲むには少ない…。
節約したい方向けです。

まとめ

この記事のまとめ
  • 浸漬式ドリッパーは簡単に使えるコーヒー道具
  • 浸漬式ドリッパーは2分間コーヒーの粉をお湯で浸して抽出してからスイッチで切り替えてサーバーに流す
  • 浸漬式ドリッパーの小技はステア、蒸らし等で、コクを出すことができる

ハンドドリップが難しいと感じた方でも使いやすいです。

もし、ハンドドリップに挑戦したい方は下の記事をご覧ください。

小技に出てきた「蒸らし」についてより詳しい情報は以下にまとめてます。

Amazon・楽天で買えるおすすめコーヒー豆【PR】

ロクメイコーヒー:コーヒー焙煎技術2018年日本チャンピオンの最高のコーヒー豆!

Amazon 楽天

丸山珈琲:香りが最高な味わい深いスペシャルティコーヒーが買える!

Amazon 楽天

マタタビ珈琲豆店:スペシャルティコーヒー専門店のこだわり自家焙煎!

楽天

【忙しい朝に最高】浸漬式ドリッパーの使い方と美味しくするコツをご紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次