記事内にプロモーションを含む場合があります

【初心者必見】ハンドドリップを美味しくする基本の入れ方。道具紹介あり。

ハンドドリップの基本
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ハンドドリップをやってみたい
  • 始めるにも、お金をあまり使いたくない
  • 一番簡単な基本が学びたい

やってみたいけど、コーヒー器具って色々そろえないといけないし、種類が豊富にあって悩みますよね。

ハンドドリップを何の知識もなく始めてしまった私は最初に買ったコーヒー器具の半数を買い替えなんてことをしたことがあります。

そんな無駄なことをしてほしくないという思いから、この記事を書かせていただきました。

道具の準備からハンドドリップが終わるまでを書いてます。

コーヒー器具は通常のハンドドリップで使われる定番ばかりを選んでいます。

間違いなしで安い物ばかりを選んでいますが、愛用するプロがいるくらいに信頼性の高い物です。

ハンドドリップ方法も基本中の基本を書いてますので、どのコーヒー豆でもやりやすく美味しく淹れやすいと思います。

初心者の方が失敗をしないよう心掛けて書きましたので、ぜひお読みください。

【PR】

目次

ハンドドリップに必要な物

まずは、ハンドドリップに必要な物のご紹介です。

準備ができてる方は、ここを飛ばしてハンドドリップ前の準備からご覧ください。

安価な物ばかり紹介しますが、プロでも十分通用する商品を選んでいます

たなか

道具には種類が多くありますが、標準的な物を紹介します。
ほとんど僕が今も使っていて便利です!

必要となる道具は以下の通りです!

【ハンドドリップに必須となる道具】

  • 焙煎されたコーヒー豆(粉)
  • ドリッパー
  • サーバー
  • コーヒーフィルター
  • ドリップケトル

【ハンドドリップで、あった方が良い道具】

  • デジタルスケール
  • コーヒーミル
  • ストップウォッチ、またはタイマー
  • 温度計

焙煎されたコーヒー豆(粉)

ハンドドリップで使うコーヒー豆

ハンドドリップするには当然コーヒー豆が必要です。

できれば、豆の状態の物を買うと長持ちして良いです。

コーヒー豆は挽くと触れる空気の面が広くなって劣化しやすくなりますし、挽きたては香りが強く美味しく感じやすいです。

しかし、挽く時間があまりない方は粉でも、そこそこ美味しく頂けますので、私も忙しい時なんかは粉を買います。

ドリッパー

ハンドドリップに使うドリッパー

ドリッパーはペーパーフィルターとコーヒー豆の粉を入れてハンドドリップするために必要です。

色々な種類があり、悩むと思います。

素材だけでも樹脂、金属、陶器とありますが、とりあえず値段が安くプロも愛用してる方が多いハリオV60でOKです。

樹脂製品は安いですが、お湯の熱が冷めにくいという最大のメリットがあります。

サーバー

ハンドドリップに使うサーバー

サーバーは抽出したコーヒーを貯めるための物です。

こちらは必須としていますが、マグカップで代用することも可能です。

買うのであれば抽出量を確認できるメモリが細かく書かれたサーバーが良いです。

私が買ったサーバーはメモリがあまりついていないものだったので、上のようなサーバーにすれば良かったと後悔しました(笑)

かなり便利です。

コーヒーフィルター

ハンドドリップで使うペーパーフィルター

コーヒーフィルターはドリッパーに合った形の物を選ぶ必要があります

大きく分けて台形と円錐タイプがあるので、持ってるドリッパーに合わせましょう。

フィルターの色は茶色と白色の二色がありますが、紙の臭いが出にくい白色のフィルターがオススメです。

ドリップケトル

ハンドドリップで使うケトル

少しずつお湯を注ぐのがコツになるので、ケトルは先が細い物を使いましょう

プロだとしても通常のケトルは、ゆっくり注ぐには不安定なので使わないです。

計量カップは口先が細い物が多いので、そちらで代用も可能です。

コーヒーグラインダー

ハンドドリップで使うコーヒーグラインダー

挽いてあるコーヒー豆を使うのであれば不要です。

より美味しいコーヒーを望むのであれば、飲む前に挽いた方が美味しいのでぜひ試してみてください。

私は高性能なタイムモアC2を使ってますが、安値でそこそこ良いコーヒーミルもあります。

違いは粒度の大きさ安定と挽く速さです。

デジタルスケール

ハンドドリップで使うスケール

コーヒー豆の使う量、注いでるお湯の量、出来上がりの量を調べるのに便利です。

サーバーのメモリでどれほど淹れたか確認はできますが、初心者の方、プロだとしてもスケールを使う方は多いので買った方が良いでしょう。

上で紹介してる商品は通常のスケールですが、コーヒー用はストップウォッチ機能もついて便利です。

私は通常のスケールで十分ですけどね。

タイマー、ストップウォッチ

ハンドドリップで使うタイマー

目安として3分あたりで抽出を終わらせたいので時間を測るとやりやすいです。

長引くと雑味を多く出す原因になります。

温度計

ハンドドリップで使う温度計

ハンドドリップに使うお湯は83℃~93℃が良くて、沸点近くのお湯は雑味を引き出す原因になりやすいです。

温度計を使い丁度良い温度であることを確認すると美味しくなりやすいです。

ハンドドリップ前の準備

コーヒーを淹れる前に準備するものです。

ハンドドリップの準備
  • お湯の入ったケトル(浅煎り93℃、深煎り83℃、一人用なら150cc以上のお湯)
  • 挽いたコーヒー豆(一杯用なら10グラム、中細挽き)
  • スケールの上にサーバーとドリッパー、コーヒーフィルターをセット
  • コーヒーフィルターに挽いたコーヒー豆を入れる
たなか

これ全部を合わせても1万円もしないってありがたい

基本的なハンドドリップの仕方

では、準備ができたら実際に淹れていきましょう!

抽出終了まで約3分がベストですので、長くなる場合は粉を粗く、早すぎる場合は粉を細くしましょう。

市販のコーヒー豆の粉は中細挽きで長くなりやすいです。

長くなりそうだと思ったら、それぞれの注ぐタイミングを早くしてみましょう。

STEP
蒸らしをする(20cc使用)

目安としてコーヒー豆の2倍の量のお湯を円を描くように全体にまんべんなく注ぐ。

今回は20ccの量です。

STEP
25秒待つ

蒸らしの注ぎが終わってから25秒待ちます。

STEP
40ccを注ぐ

優しくゆっくり円を描くよう、ドリッパーに当たらないよう注ぐ

STEP
ドリッパーから落ちるコーヒーがポタポタしたら40ccを注ぐ

少し湯が残ったあたりから40ccを注ぎましょう。

STEP
同じく70%ほどの湯が抜けたら40ccを注ぐ

少しずつ注ぐ量が減ります。40ccを注ぎましょう。

STEP
落とし切る前にドリッパーを外す

淹れてる最中に出る泡は雑味が多いので抽出しない。

※スペシャルティコーヒーは注ぎきっても良いです。

STEP
抽出終了

何回もやることで上手くなります。

練習しましょう!

上記の方法で美味しいコーヒーが淹れられますが、詳しくご説明します。

たなか

最初は違和感のある味になるかもしれないです。
慣れるまでは辛抱!

ハンドドリップコーヒーを美味しくするコツ

蒸らし

コーヒーの粉は最初にお湯に馴染ませることで柔らかくなり、味を抽出しやすくします。

蒸らしの注ぎ後の待ち時間は30秒としましたが、秒数を変える事で味わいをかえることができます。

待ち時間を短く20秒にすると、甘味は出にくく、酸味が強まり、爽やかな味わいになります。

待ち時間を長く40秒にすると、渋みが出て、こちらは苦手な方が多い印象です。

80cc→40cc→20ccの順番に入れる

蒸らし後の基本的な注ぐ回数は3回としましたが、好みによっては1回、4回などでも良いです。

注ぐ回数を1回にした場合は、140ccを注ぐ事になり、味は薄めになります。

注ぐ回数を4回の場合は、例えば50cc→40cc→30cc→20ccと注ぎ、濃くなります。

注ぐ回数を変えると抽出時間にも影響して回数が増えるほど時間がかかります。

3分を超えてくると雑味が出やすいので注意が必要です。

最後は落とし切らない

コーヒーの泡は雑味が多く含まれてます。

こちら、美味しそうと思いスプーンですくって味見してみましたが、はっきり言って不味かったです。

コーヒーの灰汁(アク)とも言われてますね。

美味しくないものも一緒に抽出してしまうのはやめておきたいですね。

しかし、スペシャルティコーヒーは最後まで抽出しても美味しいと言われています。

私は、最後まで落とし切ってもコーヒー量は、それほど増えないのであまり落とし切ったことはないですけどね。

ドリップ時間は三分あたりを目指す

ドリップの時間が長いと雑味を多く出してしまいます。

逆に短すぎると成分抽出が少なく、酸味が際立ってしまいます。

たなか

紹介したコツは絶対ではないです。
やり方はプロでも人それぞれ違うので、アレンジしてみるのもありです!

まとめ

以上が基本的なコーヒーの淹れ方です。

某チェーン店でも同じ淹れ方だったという声もあったりするので、とりあえずこの淹れ方をマスターすることで、間違いない一杯が淹れられます。

私は色々な淹れ方をしましたが何だかんだ、この淹れ方が多いと思います。

一度覚えると簡単というのもあります。

慣れてしまえば簡単なので、初めての方は挑戦してみてください。

ハンドドリップの基本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次