記事内にプロモーションを含む場合があります

ハンドドリップ定番コーヒー器具を紹介!初心者だからこそおすすめなアイテム

初心者オススメコーヒー器具
PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事でわかること
  • 初心者は、そこそこ安い物を選ぶべき理由
  • ハンドドリップに使う道具の紹介

ハンドドリップに使う道具は多くあり、何を選んだら良いかわかりにくいです。

私も最初は悩んで買いましたが、結局自分に合わなくて買い替えてしまったこともあり、もったいないですね。

今回は初心者が買うべき後悔の少ない道具の紹介をします。

たなか

特に気を付けたいのはコーヒードリッパー選び!

【PR】

目次

ハンドドリップのコーヒー器具セットは高いので、あまりおすすめしない

コーヒー器具のセット売りはアウトドア用が売られています。

バッグに収納できて便利なのですが、アウトドア用でステンレスが使われていて高価になりがちです。

コーヒー器具は単品でそろえた方が良い

コーヒー器具をセットで買うのは初心者のみで需要が少ないからか、あまり売られていません。

一つでもコーヒー器具を持ってる方には売れないという事情もあるかもしれません。

コーヒー器具の購入時に知っておくべきポイント

コーヒー器具は種類が豊富で安い物から高い物まで様々な商品があります。

購入する前に知っておくべきポイントはこちらです。

  • コーヒー器具の素材は安価な物でも充分使える場合が多い
  • 最初は使う人が多い物を選ぶべき
たなか

それぞれ解説します!

コーヒー器具の素材は安価な物でも充分使える場合が多い

コーヒー器具の値段の違いは使われている素材によって大きく変わります。

ドリッパーはプラスチック、コーヒーサーバーならガラスが安いですが、使う分には全く問題ありません。

見た目を良くしたい場合はドリッパーを陶器製にするのもオシャレでおすすめですが、少し値は上がります。

最初は使う人が多い物を選ぶべき

初心者オススメコーヒー器具ドリッパー素材について

コーヒー器具は物によって特徴がそれぞれ違います。

あまり人が使っていない商品を使うとレシピ通りにコーヒーを淹れても美味しくならない時があります。

特にドリッパーはお湯の抜け方が形で大きく変わってきます。

ハンドドリップ初心者にオススメなコーヒー器具

ハンドドリップで使う器具は色々あり、それぞれを【必須】【使うべき】【あると便利】で分けました。

初心者の方は、【必須】【使うべき】この2種類は持っておいた方が良いです。

【あると便利】にコーヒーミルを選んでますが、そこそこ高価な物が買えない場合は、挽いてあるコーヒー豆を買えば大丈夫です。

【必須】コーヒー器具
  • コーヒードリッパー
  • ペーパーフィルター
【使うべき】コーヒー器具
  • コーヒーサーバー
  • コーヒーケトル
  • スケール
  • 温度計
【あると便利】コーヒー器具
  • コーヒーミル

【必須】コーヒードリッパー

初心者おすすめドリッパー台形タイプ

陶器製ならオシャレ感UP

上達したい人におすすめ円錐タイプ(難易度高め)

陶器製ならオシャレ感UP

コーヒードリッパー大きく分けて円錐タイプと台形タイプの2種類があります。

初心者の方には失敗が少なく毎回同じ味になりやすい台形タイプをおすすめします。

でも、早く上達したい方は味の自由度を決めやすいが使うのが難しい円錐タイプを最初から使うのも良いでしょう。

たなか

円錐タイプのハリオV60はハンドドリップの世界大会優勝者がよく使っています!

より詳しいドリッパーの情報はこちらから↓

【必須】ペーパーフィルター

台形タイプ用ペーパーフィルター

円錐タイプ用ペーパーフィルター

ペーパーフィルターごとに使えるタイプ、大きさが違うので要注意です。

ペーパーフィルターは特別な理由が無い限り白を選んだ方が良いです。

【使うべき】コーヒーサーバー

ガラス製のコーヒーサーバーは何人分のコーヒーが入ってるのかわかりやすく、ドリッパーをそのまま置いて使いやすいという利点があります。

たなか

タンブラーやマグカップを代用にしてしまうのもアリです!

【使うべき】コーヒーケトル

通常のコーヒーケトル(僕が使ってるのと同じ!)

電気コーヒーケトル

こちら【必須】としてもいいくらいに重要で、先の細いケトルは重宝します。

ゆっくり少しずつ注げるためです。

普通のケトルやヤカンでは上手く淹れることが難しいためです。

たなか

絶対に買った方が良いです!

【使うべき】デジタルスケール

一般的なスケールで充分活躍する

コーヒースケールは高価だけど高機能

スケールは一般的な重さを測るだけの物で大丈夫ですが、できれば0.1g単位が良いです。

コーヒー用スケールは高機能でストップウォッチが付いていて便利です!

たなか

黒のコーヒースケールかっこいいから欲しい…。

【使うべき】温度計

調理用なら何でもOK

注ぐお湯の温度は深煎り83℃、浅煎り93℃あたりが個人的にお勧めです。

沸騰したお湯をそのまま使うと雑味が出やすいので測った方が良いです!

【あると便利】コーヒーミル

おすすめ手動コーヒーミル

おすすめ電動コーヒーミル

安いコーヒーミルはコーヒー豆の微粉が発生して雑味の多いコーヒーになります。

美味しいコーヒーが飲みたいのであればお店で挽いてもらうと、そこそこ高級な「みるっこ」「ナイスカットG」などが使われていることが多く微粉も少なめです。

たなか

無理してコーヒーミルを買う必要は無いです!
でも、挽きたて最高なのも事実…!

より詳しいコーヒーミルの情報はこちら

まとめ 【初心者オススメコーヒー器具】

この記事のまとめ
  • コーヒー器具の素材は値段が違っても使い勝手はあまり変わらない
  • 最初はみんながよく使うコーヒー器具を選んだ方が良い
  • ハンドドリップ初心者にオススメなコーヒー器具をそれぞれ紹介

コーヒー器具は他の趣味に比べて安く済むのが良いです!

淹れ方の基本を知りたい方は下記リンクから調べてみるのも良いでしょう。

コーヒーが酸っぱいという方は以下の記事もおすすめです。

初心者オススメコーヒー器具

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次