おすすめコーヒー器具・道具記事はこちら

【簡単】急冷式ハンドドリップはアイスコーヒーのおすすめな作り方!淹れ方の紹介

【簡単】アイスコーヒーをなら急冷式がオススメ!ハンドドリップの仕方!
この記事でわかること
  • 急冷式アイスコーヒーの特徴
  • 急冷式アイスコーヒーの淹れ方
  • おすすめなコーヒー豆はある?
  • 急冷式アイスコーヒーのメリットデメリット

気温が高くなってくるとアイスコーヒーが飲みたくなりますね!

今回はアイスコーヒーをハンドドリップで作る簡単な方法である急冷式について紹介していきます。

他にもアイスコーヒーを作る方法は色々あるのですが、急冷式が早く作れて便利ですね。

一度慣れたら簡単なので、ぜひ試してみてください。

たなか

急冷式以外の方法もあるのですが、手間がかかったり時間がかかりすぎるのがネックだったりします…。

【PR】

目次

急冷式アイスコーヒーは、どんなハンドドリップ方法?

急冷式アイスコーヒーとは、ドリップ抽出した濃いコーヒーを氷で薄めて作るアイスコーヒーのことです。

ホットコーヒーとの作り方の違いは以下の通りです。

  • コーヒー豆を多めに使う(濃いコーヒーを抽出するため)
  • 湯量は減らす(濃いコーヒーを抽出するため)
  • コーヒーサーバーに氷を入れて、そこにコーヒーをドリップさせる

とにかく濃いコーヒーを抽出して、氷で急冷させます。

シンプルな方法なので、コーヒー豆の量、湯量、氷の量がわかっていたら簡単に作れます。

急冷式コーヒーの淹れ方(1杯分)

急冷式コーヒーの淹れ方(1杯分)

それでは淹れ方の紹介です。

通常のハンドドリップ方法を知らない方は、まず基本のハンドドリップからご覧ください。

では、まず最初に準備する物を用意しましょう。

準備するもの

・通常のハンドドリップに使う道具(わからない場合、以下の記事を参考にしてそろえる)

・コーヒー豆(中細挽き20g)

・氷(80g以上)

・お湯(190cc以上使って湯温は深煎りなら85℃、浅煎りなら95℃を目安にする)

STEP
氷を80g以上をコーヒーサーバーに入れます

氷は80gあれば溶け切ることはないでしょう。

STEP
ペーパーフィルターにコーヒーの豆の粉(中細挽き20g)をセットする

コーヒー豆は平らになるように入れます。

STEP
40gのお湯で蒸らし(注ぎ終わり25秒待つ)

お湯40ccを使って蒸らします。

注ぎ終わりから25秒待ちましょう。

STEP
残り150ccを3回に分けて注ぐ

70cc→50cc→30ccで淹れます。

STEP
最後にサーバーを回してコーヒー全体を冷やす
STEP
グラスに氷を入れてから冷やしたコーヒーを入れて完成

夏にぴったりなキンキンに冷えたアイスコーヒーの完成です!

たなか

この氷を暖かいミルクに変えると美味しいカフェオレが作れたりします!

2人分以上を急冷式アイスコーヒーで淹れるにはどうしたらいい?

2人分以上を作る場合はgで用意する物を人数分倍にすればよいです。

人数分倍にする物
  • コーヒー豆
  • 湯量

使う物は倍になるのですが、ドリップする時間は長くならないよう気を付けましょう。

長くなるほど雑味が出てしまいます。

急冷式アイスコーヒーに使うお勧めのコーヒー豆

急冷式アイスコーヒーに使うお勧めのコーヒー豆

どのコーヒー豆でも美味しいアイスコーヒーは作れますが、一般的には深煎りコーヒー豆が使われることが多いです。

深煎りコーヒー豆を使えばイメージ通りの苦みがしっかりしたアイスコーヒーが作れます。

深煎りコーヒー豆を使うことが多い理由

アイスコーヒーは氷で薄まってもしっかりコーヒーらしい味を保つために苦みの強い深煎りコーヒー豆を使います。

深煎りコーヒー豆の味は苦みが強く酸味が弱いという特徴があるのでアイスコーヒーに合うというわけです。

アイスコーヒー向けブレンドを買ってきたら大体が深煎りコーヒー豆です。

浅煎りコーヒー豆でアイスコーヒーを作っても美味しい

浅煎りコーヒー豆は酸味が強く苦みが少ないですが、これをアイスコーヒーにすると紅茶に近いフルーティーな味を楽しむことができます。

浅煎りコーヒー豆は高品質な物でないと美味しく飲めないので高級なことが多いですが、それだけ飲む価値はあります!

急冷式のメリット・デメリット

急冷式で淹れるアイスコーヒーのメリットとデメリットを紹介します。

簡単に淹れられるので、急冷式のデメリットはあまりないですけどね。

メリット

  • 氷を用意するだけでできる
  • クリアな味わいで雑味が少ない
  • 他の方法より早くて簡単

濃いコーヒーだけを贅沢に抽出するので雑味はあまりなく、アイスコーヒーらしさを感じる味になります。

デメリット

  • ホットコーヒーのようなコクが作りにくい
  • 氷の用意が必要

アイスコーヒーなので仕方ないのですがサラッとしたクリアな味わいになりやすいです。

まとめ

この記事でわかること
  • 急冷式アイスコーヒーは濃いコーヒーを抽出して氷で冷やしながら薄める方法
  • 急冷式アイスコーヒーの淹れ方は1杯分だとコーヒー豆20g、お湯190cc、氷80gを使い、2杯以上淹れる場合は人数分コーヒー豆、お湯、氷を倍にする
  • おすすめなコーヒー豆は深煎りコーヒー豆だが、浅煎りコーヒー豆を使っても美味しい
  • 急冷式アイスコーヒーのメリットはクリアな味わいで簡単に作れることだが、コクのある味や氷を作る手間というデメリットもある

この記事を書いてるのは2月のことなのですが、今日は17℃まで気温が上がりました…。

なかなか暑くてアイスコーヒーが飲みたいと思ったのが書くきっかけとなってます。

人それぞれアイスコーヒーを飲みたくなるタイミングは違うと思いますが、僕は早い方かもしれないですね(笑)

別の記事でも濃いコーヒーの抽出について書いてたりします。

他にも色々なコーヒー抽出について書いてあるので、ぜひご覧ください。

【簡単】アイスコーヒーをなら急冷式がオススメ!ハンドドリップの仕方!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次